2011.04.18 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
2010.01.11 Monday

プリズンホテル 春夏秋冬 (1〜4巻)

 
任侠団体専用(?)の不思議なホテルに集まる人々の笑いと涙の傑作コメディ。泣けます。笑えます。癒されます。浅田次郎の初期を代表する大傑作シリーズ堂々の文庫化。(解説・草野満代)

極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心中志願の一家…不思議な宿につどう奇妙な人々がくりひろげる、笑いと涙のスペシャル・ツアーへようこそ。



花沢支配人は青ざめた。なんの因果か、今宵、我らが「プリズンホテル」へ投宿するのは、おなじみ任侠大曽根一家御一行様と警視庁青山警察署の酒グセ最悪の慰安旅行団御一行様。そして、いわくありげな旅まわりの元アイドル歌手とその愛人。これは何が起きてもおかしくない…。仲蔵親分の秘めた恋物語も明かされる一泊二日の大騒動。愛憎ぶつかる温泉宿の夜は笑えて、泣けて、眠れない。


阿部看護婦長、またの名を“血まみれのマリア”は心に決めた。温泉に行こう。雪に埋もれた山奥の一軒宿がいい…。大都会の野戦病院=救命救急センターをあとに、彼女がめざしたのは―なんと我らが「プリズンホテル」。真冬の温泉宿につどうのは、いずれも事情ありのお客人。天才登山家、患者を安楽死させた医師、リストラ寸前の編集者。命への慈しみに満ちた、癒しの宿に今夜も雪が降りつもる。


義母の富江は心の底から喜んだ。孝之介が文壇最高の権威「日本文芸大賞」の候補になったというのだ。これでもう思い残すことはない…。忽然と姿を消した富江。その行方を気に病みながらも、孝之介たちは選考結果を待つべく「プリズンホテル」へ。果たして結果はいかに?懲役五十二年の老博徒や演劇母娘など、珍客揃いの温泉宿で、またしても巻き起こる大騒動。笑って泣ける感動の大団円。

 


きんぴかで大好きになった浅田先生のプリズンホテル。


きんぴかを読んでから次は絶対読もう!と思っていたんですが、転職が決まって読めずにいたんです。

BOOKOFFを3軒まわり、まず手元に全てを揃えて…。
中途中途なんて読み方はしたくなかったのでまったく用事のない日に朝から没頭。
1巻はちょっと大変でした。
考ちゃんの行動言動に手が何度も止まってしまって…一日かかりました。
2巻もまた考ちゃんのあれやこれや、あと本が分厚いんです。
なのでこちらも一日かかりました。

ただ、3,4巻はもう勢い治まらず大爆笑と大号泣を交えつつの一気読了。
3巻を読んだ後は、4巻を読むのが勿体無いのに読まずにはいられないという葛藤と戦いました。

いろんな人のいろんな言葉に心打たれまくったのですが、
2巻の支配人の

「ホテルマンという男の道を極めようとしている、ひとりの極道でございます」

っていうのがかっこよかったなぁ。

もう結構なお歳なんだけど、戦士っていうのかな…そんな漢ばっかりで…。

3巻でマリアが出てきた時に、あのマリアだ!!!と嬉しかったんです。
きんぴかで大好きな女性。
でも…今回の題材は重過ぎた…。
泣きすぎて鼻かみすぎて鼻血もでるよそりゃ…。
浅田先生は生々しい表現がうますぎる。

永遠に解決しないテーマで、なんとも苦しいお話でした。

でも爆笑所はちゃんとあって、うまい、うますぎるよ・・・・!!!


そして勢いのまま4巻を読み始め…。
最初から大爆笑ですよ。
浅田先生、笑いは大爆笑、泣きは号泣で困ったなあもうほんと…。


さあ、また今回も嵐のような一日だろうなぁと思ったらなんとまぁ…お清が灰皿を考ちゃんにぶつけるシーンですっとしますた。
たった一行が4巻分の鬱憤をはらせてくれたわ。
いつもどSな考ちゃんをぶてるのがお清だけだと思うとまたこう…みぞおちのあたりがほわほわしますね。

それにしても担当者にバックドロップやらアイアンクローやらを決める考ちゃんをみるのが段々爽快になってきました。
でも…。
考ちゃんが7歳から大人になるのは、おかあさんを亡くしたとき…きっと死んじゃったんだよね???
信じられませんよ…もう…あれ…。
じゃあもうバックドロップとかしないの?
紳士になっちゃったって…まあ確かにお清とミカちゃんは殴って欲しくないけど木戸隊がいるんだからそれはそのままでも…。


 

でも、正直、綺麗におさまったなぁ…。
1冊だけ読んでおしまいなんて決してしてほしくないです。
全部読んで価値がある…大爆笑と号泣がある素敵な小説でした…ううう…。
読み終わっちゃったよ…いやだ…切ないよ…。

きんぴかを読み返します…。
明日図書館にも行こうかな。

2011.04.18 Monday

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

comment

post a comment

ぬこ温度計

book

yukiさんの読書メーター yukiさんの読書メーター yukiの今読んでる本 yukiの最近読んだ本

calendar

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

entry

comment

trackback

category

archive

link

profile

other